体に不要な活性酸素を除去する方法|美容と健康を保つ為に

すっぽんやうなぎ以外

栄養ドリンク

うなぎやすっぽんは、滋養強壮食の代表的なものですが、高価であるため頻繁に食べるのはかなり難しいです。しかし、身近な食材であるにもかかわらず、滋養強壮効果が高いものもあります。明日葉や山椒などがおすすめです。

自己ケアで不快な症状改善

ハンド

ハンドベインは加齢やストレスなどが原因で、手の甲や腕の血管が浮き出てしまうことを言います。ハンドベインになってしまうととても気になりますが、毎日の肌・ストレスのケアや専用に開発されたサプリメントの利用で自己ケアが可能です。

話題の健康食品です

緑色の粉

ミドリムシは栄養が豊富で、余分な栄養素を体外に排出してくれます。その他にも長寿効果やガン予防などに効果を発揮します。青汁として飲むタイプやサプリメントとして摂取するタイプの他、化粧品などにも使われています。

美容と健康を保つ

女の人

細胞の酸化を防ぐ

人が口から吸う酸素のおよそ2%は、身体の中でエネルギー代謝に使われる時に酸化力の強い活性酸素に変わります。活性酸素には殺菌作用など身体に有益な役割を果たす一方で細胞を傷つけたり細胞膜を酸化させて身体に有害な過酸化脂質を生成する強い作用もあります。また、活性酸素は癌や動脈硬化をはじめとする様々な病気を発症、促進させたり、老化を早めたりする原因になります。紫外線や喫煙、ストレス、疲労、脂肪や糖質の摂り過ぎなどで発生に拍車をかけるので、まさに現代人は活性酸素の危険に囲まれているともいえます。このような美容と健康を脅かす活性酸素の力を弱めて細胞などの酸化を防ぐ働きをする物質が抗酸化物質です。もともと人の身体には抗酸化機能が備わっていますが、多種類の食材をバランス良く取り入れることで食事からも抗酸化物質を十分にとる必要があります。

強力な抗酸化作用を発揮

美容と健康を守り老化を遅らせるためには、活性酸素を除去する多様な抗酸化物質や栄養成分を積極的に摂取することが大事です。抗酸化物質は特に野菜や豆、イモ、海藻、種実、穀物などの植物性食品に多く含まれます。抗酸化物質の代表的な栄養成分がビタミンEです。ビタミンEは、脂溶性のビタミンで主に細胞膜や生体膜の酸化・損傷を防ぎ、活性酸素を除去する重要な役割を担っています。血液中の脂質の酸化を防ぐことで動脈硬化を予防し、毛細血管の血行を良くする働きもあり、癌や老化を防ぐ作用も期待されています。ビタミンEは、植物油やナッツ類に多い他、魚介、大豆、青菜などの緑黄色野菜も良い供給源です。ビタミンE・C・Aは、それぞれが連携し合うことでより強力な抗酸化作用を発揮しますので合わせて摂りたいものです。